石川県でロフト付き平屋が人気の理由は?メリット・デメリットと間取り例を紹介 | アシーズビレッジ
Facebook Instagram YouTube
家を建てる

石川県でロフト付き平屋が人気の理由は?メリット・デメリットと間取り例を紹介

今回は、ロフト付きの平屋を特集します。

平屋は、屋根裏の空間を有効活用しやすい建築形態でもあり、ちょっとした空間としてロフトの活用が人気です。

ただ、ロフトを設計する際において注意したいポイントもあります。

今回はアシーズでの事例を紹介するとともに、ロフトが人気の理由を深堀していきましょう。

 

それでは、まず当記事のポイントからです。

・平屋は屋根が大きく、屋根裏の空間も広いため、ロフトなどで空間を有効利用しやすい

・ロフトがあると季節モノなどを収納できる場所や、書斎などのプラスアルファの場所を確保できる

・ロフトが、天井高さを1.4m以下かつ固定階段でつながっていない場合、床面積に含まれず、

 固定資産税の評価額に算入されない

・平屋のロフトで気をつけるべきポイントは、夏の暑さ対策。屋根断熱・換気・空調設計が重要

 

ロフト付き平屋のメリット

石川県のロフト付き平屋の外観を事例で紹介

平屋は1階建ての住宅のことを指しますが、屋根面積が大きいことが特徴でもあります。

 

この屋根面積が大きいこと、勾配屋根にすることで小屋裏空間を有効活用しやすいことも、平屋ならではのポイントです。

 

そんな小屋裏空間を、屋根裏として活用できない空間にするのではなく、ロフトなどの空間として有効利用する際のメリットを紹介していきます。

 

 

①建物の容積・空間を有効活用しやすい

一般的な住宅では、天井材を貼ってしまうと小屋裏空間は密閉され、単純に断熱材と構造躯体があるだけのほとんど密閉された空間になります。

 

平屋は土地の大きさに応じて、全体的なスペースが限られてくることから、平面的な使い方だけでなく空間として立体的に有効活用できる方法がロフトです。

 

平屋で、遊び心のあるロフトを設けることで立体的・容積のある空間利用ができ、使い方の幅が広がります。

 

 

②収納スペースを確保しにくい平屋との相性がよい

平屋は、どうしても収納スペースを設ける場所が制約されがちです。

 

ウォークインクローゼットや部屋ごとの収納など、使いやすい収納やコンパクトな収納を組み合わせることが大事ですが、季節モノなど大きなモノを収納する場所があると便利です。

 

こういった普段は取り出さないモノの収納スペースとして有効活用できるのがロフトです。

 

特にロフトは天井高さが1.4m以下の制限があるため、居室にするには少し窮屈な印象になります。

そのため収納スペースとして活用する方が多いです。

 

 

③延床面積に含まれない場所としても設計できる

延べ床面積やロフトが延床面積に含まれると何が問題なのか?

それは固定資産税や確認申請のコストに影響してくる点です。

 

ロフトが延べ床面積に含まれないことで、居住スペースと扱われる面積が少なくなり固定資産税がその分抑えられ、1階建ての確認申請で提出できます

 

なお、ロフト部分を延床面積としてカウントしないためには、以下の規定を満たす必要があります。

 

・ロフトの天井高さが1.4m以下かつ固定階段でない場合

・ロフトの床面積が、ロフトのある階の床面積の2分の1未満

 

自治体などによって細かい部分で見解がわかれる場合もありますので、用途・間取り・建築地に応じてアシーズで相談を承ります。

 

 

ロフト付き平屋のデメリットと気をつけるポイント

一方で、ロフトを設ける際のデメリットもみていきましょう。

 

 

①夏の熱ごもり対策は必要

ロフトがあると、空間がワンフロアとして大きくなります。

 

アシーズでは断熱性は省エネ基準・長期優良住宅の基準を満たし、ご要望に応じた設計にしていますが、どうしても暖かい空気は部屋の上部にたまりやすいです。

そのため、夏の通風設計を考慮する・熱を逃がすための窓を設ける、といった対策を取っておく必要があります。

 

また屋根との距離が近いことから、天井断熱の厚さ・種類も設計に応じて適切な断熱材をアシーズではオススメしています。

 

 

②シーリングファンを設ける

天井が高いと、その分暖かい空気が上に行きやすくなり、ロフト部分は熱がこもりやすくな

ってしまいます。

 

そこで活躍するのが、シーリングファン。

シーリングファンは空気を循環させてくれるので、エアコンなどの空調設備の効率を上げて

くれるアイテムです。

 

さらに、サーキュレータなどを併用することにより、より快適な住まいを実現できます。

 

 

③屋根断熱の確認をする

石川県のロフト付き平屋の内観を事例で紹介

ロフトを設ける場合、断熱方式は屋根のすぐ裏側に断熱材を充填することになります。

 

勾配天井の場合は屋根勾配に沿って断熱材を貼ります。通常は平らな天井で天井の仕上げ材のすぐ真上に断熱材を入れます。

 

建築地の断熱基準、予算などに応じて断熱材を決定していきますが、居室にする場合は特に屋根断熱にこだわって設計することをオススメします。

 

ロフト付き平屋の間取り例

アシーズでの平屋+αの事例を、3点紹介していきます。

 

新しい生活スタイルである平屋+αの魅力をこちらの事例を基に、ご自身の新築時の参考になさってください。

①LOAFERシリーズの28坪タイプ

石川県のロフト付き平屋の内観を事例で紹介

出典:LOAFER

 

こちらの間取り例は、全体の延床面積としては約28坪の「ちょうどいい大きさ」の平屋+αの建物です。

石川県のロフト付き平屋の内観を事例で紹介

書斎やライブラリースペースなどライフスタイルに合わせたいろいろな使い方ができるオープンな空間です。

 

またロフト部分は、1階と2階をつなぐ家族共有のスペースになっています。

※こちらのロフトは、延床面積に含まれています。

 

1階のLDKは、大きな吹き抜けで開放感を感じることができる設計になっており、ロフトとの組み合わせになっています。

石川県のロフト付き平屋の内観を事例で紹介

出典:LOAFER

 

そして天井高さの低いロフト部分が「平屋+αならでは空間」で、フリースペースとなっていますが、もう1点+αの空間として シアタースペース・収納スペースも設けています。

石川県のロフト付き平屋の内観を事例で紹介

出典:LOAFER

 

②POCHE(ポッシュ)

POCHEはフランス語でポケットを意味する用語です。

 

ポケットのように、秘密の空間をもつ住宅コンセプトになっている「FREEQHOMES / POCHE(ポッシュ)」からの事例のご紹介です。

石川県のロフト付き平屋の内観を事例で紹介

出典:テラスのある家とバルコニーのある家。POCHEの幸せのポケットで楽しく暮らす

 

吹き抜けに面しており、コンパクトな空間でもリビングとの繋がりが感じられる空間になっています。

石川県のロフト付き平屋の内観を事例で紹介

また、ロフトの壁を柵状にしていることからも、閉塞感も少なく床面積以上の広さを感じることができる設計です。

 

 

MONICA(モニカ)

MONICAは、カフェラウンジのように心地よい空間と暮らしやすさを両立した、平屋+ロフトの住まいです。

石川県のロフト付き平屋の内観を事例で紹介

出典:カフェのような家で暮らしたい平屋のMONICA(モニカ)の間取りと外観をご紹介

 

こちらは階段がハシゴになっているため、固定資産税算定の面積には入らない事例として取り上げます。

石川県のロフト付き平屋の内観を事例で紹介

臨時の収納として使う分にはハシゴにしておき、固定資産税を抑えるのも使い方や考え方に合わせて設計可能です。

お問い合わせ

[住宅展示場 AC’s VILLAGE]
野々市市本町5丁目317番地
076-227-8008
受付時間
10:00〜18:00(水曜定休日)
モデルハウス来場予約 資料請求・お問い合わせ
Facebook Instagram YouTube