Facebook Instagram YouTube
家を建てる

家の耐震等級とは?戸建住宅に必要な耐震性能をわかりやすく解説!

こんにちは!アシーズビレッジです。

 

モデルハウス見学の際やチラシなどで「耐震等級」という言葉を見たり聞いたりした方は多いと思います。

 

「耐震等級」とは、文字通り建物の地震に耐えうる力を等級で表したもので、

耐震性能のひとつの目安となる指標になります。

 

建築基準法では数百年に一度程度の地震(震度6強~7程度)に対しても倒壊や崩壊しない、

数十年に一度発生する地震(震度5程度)で損傷しない程度の水準が決められています。

 

今回は、当社が取り扱うBinO/FREEQの商品の耐震性能について詳しく解説していきます!

 

家の耐震等級とは?戸建住宅に必要な耐震性能

 

 

 

耐震等級は3段階

 

耐震等級とは、地震に対する建物の強さを表す等級のこと。

建築基準法では、極めてまれに(数百年に一度程度)発生する地震でも倒壊しない程度の耐久性が求められています。

 

耐震等級は1~3まであり、数字が大きい方が耐震性に優れているということになります。

 

耐震等級1

 

建築基準法にて定められている最低限の耐震性能。

 

震度6強~7の地震(阪神淡路大震災/東日本大震災クラス)でも即崩壊はしないレベルですが、

大規模修繕や建替えとなる可能性があります。

 

耐震等級2

 

耐震等級1の1.25倍の耐震性能。

震度6強~7の地震でも一定の修繕で住み続けられるレベルです。

 

災害時の避難所になりうる性能を持ち、長期優良住宅の基準はこちらの等級になります。

 

耐震等級3

 

耐震等級1の1.5倍の耐震性能。

震度6強~7の地震でも軽い修繕で住み続けられるレベルです。

 

消防署や警察署といった災害復興の拠点となる防災施設には耐震等級3が多いです。

 

戸建住宅に必要な耐震性能を確認する方法

 

それぞれの建物で大きさや間取り、建てる場所も違うため、1棟1棟計算する必要があります。

 

家の強度を確認する方法は主に二つあり、耐震等級を確認する場合には緻密な計算が必要になってくるのです。

 

①壁の量だけを調べる簡易的な「壁量計算」

 

建物の壁の量を検討する簡易な方法で、木造住宅共通の係数を用いて計算します。

建物にかかる地震力、風圧力に対して必要な壁量(必要壁量)を満たしているかを確かめる計算方式になります。

 

耐力壁の倍率と長さを乗じたもの(有効壁量)を壁の種類ごとに求め、

その総和が必要壁量を超えるようにすることによって、一定の耐震、耐風性能が満たされたことを確認します。

 

②全ての分野を緻密に調べる「構造計算」

 

建物の壁の量、部材の強さ、地盤・基礎の強さを緻密に計算する方法です。

 

建築構造物・土木構造物などが、固定荷重・積載荷重・積雪荷重・風荷重・地震荷重などに対して、

構造物がどのように変形し、構造物にどのような応力が発生するのかを計算します。

 

耐震等級2,3が長期優良住宅の申請に必要な指標のひとつとなっていますが、

その等級の取得に必要になる計算になります。

 

BinO/FREEQの家は丈夫な家!

BinO/FREEQの家は、耐震等級3に対応しています。

 

※一部地域では積雪のため、耐震等級2までの対応となります。

石川県も積雪を考慮した計算を行うため、耐震等級2となります。

 

なぜ高い耐震等級を取得できるかというと、木造のある工法に秘密があったのです。

 

従来の木造軸組み工法

 

木造軸組工法(在来工法)は、柱、梁と呼ばれる材料で
組み上げていく事が基本となっています。

これを軸組みと呼び、主にこれらの材料で地震や台風などに耐える構造となっています。

 

木造軸組工法(在来工法)は日本で最も採用されている工法ですが、

施工者の良し悪しの差が大きいことも問題となっている工法です。

 

 

BinOの金物工法+耐力面材

 

木材の接合部を金物に置き換え、強度を確認した木造用集成材を使用し、

構造計算などを行うことで信頼性を高めた工法です。

 

BinOは梁、柱、束、土台といった構造躯体には指定専門工場で生産された

均質でゆがみやソリが発生しにくい集成材だけを使用し、指定工場にて1棟ごとに正確にプレカット加工、出荷されています。

 

高い加工精度により棟の形状や微妙な勾配を持つ構造体に対応し、

木が持つ本来の頑健さと風合いの二つの特徴を発揮する、頼もしい構造体として暮らしを支えます。

 

BinOでは箱型の『面』で強度を維持する枠組み壁工法と

『木組み』の美しさを活かす日本伝統の軸組工法の長所を組み合わせた

『耐力フレーム』で抜群の構造強度を実現しています。

 

また、BinOでは躯体の集成材を接合金物により正確・緻密に組み上げられています。

 

梁に固定した2重金属プレートと柱にボルトで固定した受け金物をドリフトピンにより固定する画期的な仕組みにより、

軸組木造住宅につきまとう躯体強度の不安を解消しています。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

耐震等級は住宅の耐震性能を図るためのわかりやすい指標となっており、

今後安心して住んでいく家を購入するためには、ぜひ気にしてほしいポイントとなっています。

 

そんな安心を当社は提供させていただいています。

モデルハウスにもぜひご来場ください♪

(完全予約制となりますので、ご来場の際には3日前までのご予約をお願い致します。)

 

お問い合わせ

[住宅展示場 AC’s VILLAGE]
野々市市本町5丁目317番地
076-227-8008
受付時間
10:00〜18:00(水曜定休日)
モデルハウス来場予約 資料請求・お問い合わせ
Facebook Instagram YouTube