Facebook Instagram YouTube
家を建てる

スキップフロアの家は高い?階段の途中を活用するBinO/WAVEの住まいとは

こんにちは!アシーズビレッジです。

 

スキップフロアの家は、魅力もたくさんありますが、

値段が高くなってしまうのでは?と思う方も多いかもしれません。

 

スキップフロアの魅力についてはこちら

 

そして、以前にご紹介したALLen(アレン)のプランだと、予算が合わなかったり

土地の間口や広さが少し足りなくて選択肢が狭まってしまうという方も見受けられます。

 

そこで登場したのが、BinO/WAVE(ウェーブ)という商品!

ALLenより200万円ほど安く、なおかつ間口7.5mという比較的狭小地でも建てられるものになります。

 

今回はそんなWAVEの魅力をたっぷりご紹介したいと思います!

 

スキップフロアは高い?BinO/WAVEの秘密

都会的な風景が似合うシャープでスタイリッシュな外観ながら、どこか親しみやすさを感じるWAVE。

無駄をそぎ落としたシンプルなたたずまいは、建てる場所を選ばず、アレンジ次第でどんなテイストにもフィットします。

 

そんなWAVEが安価で手に入る秘密を大調査しました!

 

①外観の秘密

ガルバリウムの外壁に暖かな木のコントラストが効いたファサードです。

片流れの大屋根は、太陽光発電パネルを搭載するのに最適な角度。

 

見た目の良さだけではなく、暮らす上での機能性も追求した優れた設計です。

 

ALLenの通常仕様はガルバリウム×木の羽目板なのですが、

WAVEは全面ガルバリウムにすることでコストダウンを実現しています。

 

 

②断熱の秘密

 

北陸の寒さを耐え抜くには、断熱性能にこだわる方も多いはず。

 

ALLenとWAVEには、断熱性能に大きな違いはありませんが、

使っている素材の関係上、コストが違ってくるのです。

 

ALLen:ウレタン現場発泡

 

現場発泡なので、現場に合わせた形での施工が簡単。

断熱は「隙間なく埋めること」が大切なので、その点では断熱性能が高くなります。

 

しかし、現場で発砲するため、良くも悪くも職人さん次第になってしまいます。

そして、後述する高性能グラスウールよりはコストが高くなります。

 

WAVE:高性能グラスウール

 

最初から形成されている材料を「詰め込む」だけなので、現場での作業が簡単です。

しかも、ウレタン現場発泡よりも安価で、きちんと施工を行えば安定した断熱性能を確保できます。

 

 

 

③建具の秘密

部屋どうしをつなぐドアや、収納扉。

実はこれにも秘密があったんです。

 

ALLenで使われている建具は「パイン材」で、無垢(むく)の木材を使っています。

一方でWAVEは、建材(けんざい)が使われています。

 

建材というと、アパートやマンションなどの賃貸等で使われている、ドア製品のことです。

 

無垢材は、みなさんも高いイメージがあるかと思いますが、

無垢材を建材に変更するとコストダウン効果が得られるのです。

 

④設備の秘密

BinOの商品には、数社の商品が使われていますが、これも変更可能です。

例えば安価で気に入ったものがあれば、そちらに変更することで、コストダウンが実現できます。

 

設備を選ぶ際には、実際にショールームへ行って体感してみるのもおすすめです。

 

 

階段の途中を活用するスキップフロアの住まい

コンパクトで開放感あふれるスキップフロアの住まいには、

日常生活に必要なLDKと3つの個室のほかに、自由に使える遊びの空間が2つも備わっています。

 

たとえば、大迫力画面での映画鑑賞や、好きな楽器の練習をしたり書斎として、

あるいは釣りグッズや大切なコレクションを並べておくのも悪くないですね。

 

スペースを有効活用するスキップフロアが生んだボーナス空間は、

日常を生き生きと輝かせてくれるに違いありません。

 

都市を拠点に暮らしを楽しむWAVE、その魅力に迫りました。

 

0.5FLOOR:楽しい週末はいつもここから

0.5階のインサイド&アウトサイドホビールームは、生活空間とは別に、

趣味のスペースとして自由に使うことができる空間です。

 

インサイドは映画や音楽鑑賞、書斎などとして。

アウトサイドはサイクリングや山登りなどアウトドアスポーツの拠点として。

 

日常の快適さと非日常の楽しさとが同居するWAVEで、あなたなら週末は何をして楽しみますか?

 

1.0FLOOR:新しい1日がスタートする場所

1階には、エントランス、ベッドルームをはじめ、バス・トイレなどの水廻りを集約。

生活の基本機能をワンフロアにまとめることで、使い勝手の良さを追求しました。

 

たとえば、朝は洗面・着替えをすませてからパブリックスペースへ、

お出かけ前には身なりを確認してから外出、そして夜はバスルームから寝室へ。

 

そんなホテルライクな暮らしが実現できます。

 

1.5FLOOR:家族が心地よく集う自由空間

光と風と視線が抜ける1.5階には、暮らしの中心としてのLDKとウッドデッキを設置。

家の真ん中にLDKがあるので、家族みんながほどよくつながりながら心地よく暮らせます。

 

またその先のウッドデッキは、アウトドアリビングとしてパーティーやバーベキューのほか、

プチガーデニング、家庭菜園などの場としても活躍。

 

毎日を多彩に演出してくれます。

 

2.0FLOOR:フレキシブルなスペース

光が降り注ぐ最上階は、子ども部屋とフリースペース。

リビングの半階上に子ども部屋があるので、いつでも子どもの様子を見ることが出来ます。

 

片流れ屋根と自然素材を生かした室内はワクワク感もたっぷり。

フリースペースは1部屋でも、2部屋に仕切っても使えるフレキシブルな空間。

 

家族構成やライフスタイルに合わせて、ベストな間取りをつくれます。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

WAVEは、ALLenに引けをとらない魅力ながら、シンプルを追求して生まれたスキップフロアの家。

 

当社でもWAVEを建てていただいた方が大勢いらっしゃいます!

ぜひ、施工事例もチェックしてみてください♪

 

来場ご予約もお待ちしております!

(完全予約制となりますので、3日前までにご予約をお願い致します)

 

お問い合わせ

[住宅展示場 AC’s VILLAGE]
野々市市本町5丁目317番地
076-227-8008
受付時間
10:00〜18:00(水曜定休日)
モデルハウス来場予約 資料請求・お問い合わせ
Facebook Instagram YouTube