Facebook Instagram YouTube
家を建てる

家を建てる準備期間はどのくらい必要?家を建てたいと思ったら知っておくこと

こんにちは!

アシーズビレッジコラム担当のにしでです。

 

今回は、家を建てるまでの準備期間についてお話ししたいと思います。

 

家を建てるとき、綿密に前もって準備をしてから、モデルハウスや総合住宅会社に相談に行く方はほんの一握りです。

ほとんどの方はフラっとモデルハウスに行き、なんとなく話の流れでお家づくりが始まるパターンが多いです。

 

例えば、注文住宅を大手ハウスメーカーだけに絞って決めている人ならば、住宅展示場に行き、

モデルハウスを見て比較検討することが効率的で無駄のないお家づくりになるのかもしれません。

 

しかし、多くの方はハウスメーカーだけを絞ることなく、自分の理想の住まいを実現してくれそうな会社を選びたいはずです。

 

また、お金についてもライフプランをしっかりと考えた上での資金計画※を行わないと、

マイホームを持った後の暮らしが苦しくなり、最悪の場合はお家を手放してしまうこともありえるのです。

※資金計画:家づくりにかかる金額とこれからのライフプラン(人生設計)を想定し、家に使える資金を決定すること。

 

そうならないためにも、モデルハウスに行く前にしっかり準備期間を確保し、後悔のないお家づくりを始めましょう!

 

家を建てる準備期間は何する?家を建てたいと思ったら

 

お家づくりには、お家を建てると決めてから住むまで、どのくらいの時間がかかるのでしょうか。

結論からいうと、マイホームに住み始める3年前から少しずつ始めるのがおすすめです。

 

また、新築に暮らし始める3年前からの準備ですから、住宅の建設期間も含まれます。

準備を始めるのが暮らし始める3年前ですから、実際の準備期間は2年〜2年6ヶ月程度となるでしょう。

 

では、具体的に準備期間に何をしていくのかを確認していきます。

 

諸費用のための貯蓄

 

住宅にかかる費用は、住宅ローンでと考えている方がほとんど。

最近は頭金がなしでも、住宅ローンを組むことは可能になっています。

 

そのため、「今は貯金がそれ程なくても家を建てられるんじゃないの」と思う方もいるかもしれませんが、それは間違い。

お家づくりには、現金で支払う必要のある諸費用が様々発生してきます。

 

例えば、建築申込金または設計契約金

お家づくりをその会社で決めた時に支払います。

 

そしてもう一つは、土地の契約金

土地の購入時に支払う契約金は、土地代金に含まれますが、土地代金の5~10%程度必要になります。

 

これらの諸費用に備える為にも、ある程度まとまった額の貯蓄が必要になります。

 

資料収集

 

貯蓄と同時に始めるといいのが、住宅会社のカタログやパンフレットなどの資料収集

または、インターネットでその会社の施工事例をチェックしておくのもいいですね。

 

実際にお家を建てた親戚や友人に話を聞くのもいいでしょう。

 

できるだけ多くのハウスメーカーや工務店の資料を集めて、それぞれの会社の特徴を知っておきます。

それぞれの会社の長所や短所、得意としている工法や設備、自分の理想の家にできるかどうかなど、資料だけでもかなりのことを知ることができます。

 

そして、地元に根差した工務店などは地元情報誌などから探すのがおすすめです。

 

土地探し

 

土地から探す場合、会社が土地を持っている場合や、建てたい建物にするための条件なども多々あるため、

自己判断で購入してしまうのは、危険です。

 

土地探しに関しては、家族がどのあたりに住みたいのか、住み心地がいいのかなどをぼんやり考えておくのがいいでしょう。

また、2階建てがいいのか、平屋がいいのかでも選ぶ土地の広さは変わってきますので、頭に入れておく必要があります。

 

具体的には、以下を参考にベターな市町村をまず選び、それを住宅会社に伝える事をおすすめします。

・夫婦それぞれの勤務先から遠くない

・妻の実家から近い

・子供が小学生の場合、転校しない範囲

・住みたい市町村の子育て制度

・土地の地価 など

 

そして、家族と「どんな家に住みたい?」「どのような生活をしたい?」と日頃から話題に出しておくと、家族みんなの理想のライフスタイルがどんな感じなのか、どこなら実現できるのか、具体的にイメージになってくるはずです。

 

家が建つまでにすることは?

 

実際の建物を体感する

 

準備期間にしっかり情報収集したら、実際に気になるモデルハウスに行ってみましょう。

やみくもにモデルハウスに行くのも一つの手ではありますが、おそらくすぐに疲れてしまいます。

 

モデルハウスの見学は、2~3社に絞っておいた方が後々楽ですよ。

 

住宅ローンを借りられる金額を把握する

 

実際にモデルハウスを見て、こんな家に住みたいと思ったら、

「いくらで建物が建つのか」「どのくらいの広さの土地が必要なのか」を聞いておきましょう。

 

そうすると、だいたいいくらで建てられるのかの見当がついてきます。

そのタイミングで、ライフプランをしっかり見直し、お家づくりにどれだけかけてよいのかを把握しておくことをおすすめします。

 

弊社では、銀行からの融資限度額に関わらず、お客様の「借りてもよい金額」というのを算出するため、

第三者によるライフプラン面談を実施しています。

 

すでに実施していただいたお客様からは、

「今後必要になる教育費とか老後の生活費、家のことがわかってよかった」と、大変好評いただいております。

 

モデルハウスに見学いただいた際に申込みいただけますので、

ぜひ、ご家族そろってぜひご来店ください。

 

当社は完全予約制となりますので、ご来店の際は以下のボタンから予約フォームを送信してください。

ご来店、おまちしております^^

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

 

お家づくりは、やみくもに行うよりも、準備期間をしっかりと確保することで

後悔のない家づくりをすすめることができます。

 

 

今後お家づくりを考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

お問い合わせ

[住宅展示場 AC’s VILLAGE]
野々市市本町5丁目317番地
076-227-8008
受付時間
10:00〜18:00(水曜・木曜定休日)
モデルハウス来場予約 資料請求・お問い合わせ
Facebook Instagram YouTube